読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右手と左手に一つずつ

好きなことと日常生活についての雑記

MURDER for Twoが面白すぎた

 やっと坂本さんのミュージカルを観に行くことができました。控えめに言って最高に楽しくて笑いっぱなしでした。ミステリーコメディの二人劇のミュージカル、坂本さんの演じ分けは見事としか言いようがありません。10の役を舞台の上で自由奔放に演じる坂本さんはとても生き生きとしていて、それを受け止める松尾さんの貫禄も素敵でした。

 

  6月5日にダメもとで当日券の列に並んでみました。思いのほか枚数があったようで、1階上手側後方の席を購入。いざ会場に入ってみれば、特に見切れもなく全体を見渡せる席でした。

 

 2人が登場してピアノカバーを取る場面から早速笑いが。坂本さんと松尾さんがお互いにグイグイ引っ張り合って取られた松尾さんは上半身がピアノに倒れ込み、対して取った坂本さんはしたり顔。うん、かわいい。松尾さんがピアノを弾き始めると横からちょっかいを出す坂本さん。低い音をポンと出したり、弾くふりをして手を挙げたまま止めたり、最終的に突き飛ばされていたずらは終了。これだけでもおもしろかったけどまだ始まったばかり、ここから一気に場面は誕生日のサプライズ、そのために物陰に隠れるダーリア登場。意表を突くような声色で第一声がかなり衝撃的でした。ドアをくぐるたびに様々な人物が入ってきましたが、誰1人として同じ声の人がいない。アニメや声優大好き人間なので役によって声色を変える人がいるのは知っていますが、短時間で声色を変えながらしゃべって歌ってそれを2時間続けるのは至難の業だと思います。そこにピアノの演奏も加われば難しさは天井知らず、熱が出るのも納得です。

 

 初めは、テンポが速くてついていくのがだったけど登場人物を把握した後はすごく面白かった。例えばダーリアの「パーフェクトで愛しいサプライズ」でアーサーが死ぬまでの状況説明をしていくなかで、過去を遡りすぎて生まれたころのことを歌ったりしてマーカスが突っ込むところとか好き。ダーリアの人の話すことを聞かない特殊能力のくだりも面白かった。マーカスとセリフがガッツリ被っているので全部聞き取るのは難しかったけどあのテンポの良さはクセになる。マーカスとの絡みで好きだったのはちっちゃなダーリアちゃんの場面。指を動かし2階に上がるダーリアちゃんにマーカスが

 「ダーリアちゃんは何者ですか?ちんあなごですか?」

なんて言うもんだから若干素っぽい笑い方になるダーリア。もう1度指をクイクイ動かすと自分で

 「ほんとだ」

とか言っちゃうから余計に笑いがこみ上げてきちゃった。セリフはうろ覚えでニュアンスだから正確じゃないけど多分こんなだったはず。あと、役の変わり目でダーリアの見た目のままマレーのセリフを言っちゃうハプニングもあったり。

 

 マレーとバーブの口喧嘩の場面はマレーの低い声とバーブの金切り声をクルクルと切り替えて歌っていて圧巻。それからこの2人は思いのほか下ネタ満載、「阿婆擦れ」だとか「粗チン」だとか言い合ったり、喧嘩してたはずなのに2人で抱き合って股間をまさぐったり。やりたい放題といっても過言じゃなかったwアーサーの小説の中で暴露されているマレーの秘密がバーブに対する愛情というのが可愛らしい。ツンデレかな?

 

 1番好きな曲の1つは少年合唱団の「もっとさらにヤバイん」。少年たちの可愛さと裏腹に歌詞がエグいというか結構おぞましかった。12人いたはずの合唱団は減った理由がテントの火事だとか、この辺が後で出てくる消防士のヘンリーとの接点だったのかな?子供の無邪気なところがちょっと怖い。でも、やっぱり可愛い方が勝っちゃったんだよなぁ。ヨンカーズの「ばぁななぁ」とか「ゆあうぇるかーむ」の言い方とか仕草が可愛すぎてマーカスがメロメロになるのも仕方ないと思う。中の人44歳だけどショタコンになったかもしれない←

 ヨンカーズの圧倒的な可愛さで霞んじゃうけど、「ヤバイんっ!」でティミーがキメポーズするのも可愛いしスキッドがマーカスの股間狙ってたのも可愛かった。子供ってよくやるよね、ああいうこと。

 

 もう1曲好きだったのがステフの「パートナーが必要」。坂本さんの演じる女性役はどれも愛嬌があって素敵だったけど1番好きなのはステフだった。終始元気に跳ね回ってる印象が強かったのに、この曲を歌っている時にマーカスがバレットに夢中で色んなアプローチをしていて、ドア1枚隔てただけじゃきっと全部ステフにも聞こえてるだろうから切なさが3割増。このギャップがかなり好き、本当に音源化してほしい。ルーのことをよくやってるというけど、やっぱり自分がピッタリなんだという主張をするあたりいじらしくて可愛かった。髪の毛を耳にかける仕草も可愛さプラスしてた。特にマーカスがバレットを尋問したいのに「まだ、あたし♡」なんて言って何度もステフがでてくるくだりは2人芝居ならではといった感じでおじさん2人が可愛くて仕方なかった。

 

 バレット役のときは坂本さんの足の長さが際立ちすぎてめまいがした。何であんなに長いの、見せつけるの?かっこいいの?足でピアノ弾いたのはビックリした。あれ届いちゃうのかよ。あと、体のしなやかさがすごかった。色気の塊だよね、純粋な陪審員が殺人を正当防衛によるものと言っても仕方ないわwというかヴァネッサとバレットの裏の顔が危なすぎるwそんな人にばかり心惹かれるマーカスは大丈夫なんだろうか?まさか、ステフが将来的に危ない女の子になっちゃったらどうしよう。

 

 マーカスとグリフの友情の歌も面白かった。特にこの2人の連弾が好きだったなぁ。最初は「アーサーを殺してやる」と言っていた人物を教えてもらうためだけだったようなのに、だんだんノッてきてグリフに愛してると言わせるところとかね。ここのところのネタが関ジャニだったのは予想外に面白かった。おぼろげながら覚えているので書いておこう、忘れないように。

グリフ「ある1人の患者に、エイッと」

マーカス「患者にエイッと…誰ですか?」

グリフ「誰とは?」

マーカス「ハマ…」

グリフ「ハマ…?」

マーカス「いやww」

グリフ「言っておくが、ハマなんてメンバーはおらん!」

 あと、死の瞬間に音楽をとマーカスに頼む場面でピアノを弾こうとするのを引き留めて「ヒトリニシナイデ…」って言うその言い方が可愛すぎた。その後マーカスがグリフをピアノのそばに運ぼうとして、体が浮くだけで全然動かなかったり、死にかけの人間とは思えない力で腕を突っ張って動かないようにしてたりして随分笑った気がする。で、最後には引っ張ってた手がすっぽ抜けてグリフが床に手を強打してた。よほど痛かったのかギュッと体を丸めて痛みに悶えてたのが妙にツボった。その時のマーカスの言い訳が

マーカス 「あんたヌルヌルしてるから」

グリフ「頑張ってんだもん」

ヌルヌル?汗かな?そりゃ2人で出ずっぱりですし、ヌルヌルもしちゃうよね。 

 

 その後、唐突に便所からヘンリーが登場したのはいいけどやっぱりキャラが濃すぎたwすんごい訛ってる。で、訛ったまま歌う。何とかして帰ってもらおうと奮闘するマーカスの振り回されっぷりが面白かった。あと、やたらと声が良かった。

 

 他の演出の部分だと、マーカスの携帯電話が鳴ってそれをお客さんの携帯電話だと勘違いして電源を切るように言うくだりがヤバかった。

坂本「電話が3回目なったらどうする?」

松尾「世田谷署に自首する?」

坂本「どこに?防犯課?」

松尾「環境課…w」

坂本「僕らもいい大人ですからw」

松尾「じゃあ吉野家でおごり」

坂本「つゆだくでもいい?」

松尾「(頷く)Bセットで」

坂本「僕は並のつゆだくで」 

携帯電話のくだりは素の松尾さんと坂本さんという感じだっただけに余計に面白かった。基本的におじさん2人の会話を楽しむ時間w

 

 今回のミュージカルを観る前から何となく思ってたのが「1回だけじゃ満足できない」 ということだったけど、観終わってから間違ってなかったと思った。面白すぎたもん。複数の役を見事に演じ分ける坂本さんや松尾さんとの腹筋が捩れるような面白い掛け合い、ピアノ演奏をする坂本さんなど色んな姿を楽しめる作品でした。アンケートにも書いてきたけど是非再演してほしい。それが無理ならCD化しましょ!今オリジナル版のサントラをポチッちゃいそうなんですよ!

CD化と言ったら1789のCD発売が決まりましたね、勿論買いますよ(唐突)

ちょっとミュージカルそのものにハマってしまったかもしれない。他の作品も観てみたい。来月にはキンキーブーツを見に行く予定なのですごく楽しみ。1789で初めてミュージカルを観てから早々に1公演じゃ足りなくて後悔したのでダメもとでも当日券に並んでよかった。グッズもとても可愛くて、早速職場で活躍しています。ただ、マーダーロスがしばらく続きそうなことだけが最近の悩みです。