読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右手と左手に一つずつ

好きなことと日常生活についての雑記

戸惑いの惑星と新曲のこと

 待ちに待ったTTT福岡公演、初めて飛行機で遠征してきました。超今更だけど感想は書きたい怠け者です。

 

公演を観る前にレポが雑誌に載るので、購入しつつも開かず積んでばかりで我慢するのに苦労した。観たあとは「解禁じゃー!」と言わんばかりに読み漁った。

で、肝心の感想がこちら。(not時系列)

・曲のアレンジがすごく好き。

・”不惑”の歌詞の順番が変わってる。

・集合無意識の空間に長谷川が入ってきたあとの”ちぎれた翼”が控えめに言って最高。大好き、泣く。トニコンのDVD見ながら生で聴けることなんてないだろうなと思っていたけど聴ける世界が存在してた!

・長谷川の儚いキャラクター性が胸にキュンとくる。イノッチが演じるからこそギャップがあって余計にキュンとくる。

・奇跡を研究する由利がマニアックすぎて大好き。

・楽器を演奏する3人がかっこいい。お世辞にも上手いとは言えないけど、短期間で聴けるレベルまで持っていってるだけですごいとしか言えない。是非ライフワークにしてもっと上達した演奏を聴いてみたい。

・三池が描いた似顔絵によって死期が近いことを改めて知った彼女が三池を傷つけないように嘘の手紙を書き、傷つけないようにしたはずがやっぱり傷ついて三池が絵を描けなくなるのが切ない。

・嘘の手紙を依頼したのが彼女を好いていた長谷川で、この依頼を受けてはいけないと感じつつも受けてしまう長谷川が愛しくてたまらない。

・彼女の本当の気持ちを書いた宛名のない手紙が、最後に思いもよらない方法で宛てた人に届くというのが色んな切なさを経て一層泣きそうになった。

・今まで聴いていたトニセンの楽曲が全然違う物語になることに驚きしかなかった。けれど以前より一層好きになった。

・長谷川が最後に見た似顔絵が般若でないことを祈りたい。

・マダムな長野君が似合いすぎてて怖くなってくるw

・ちょっとおバカな感じのチンピラが可愛かった。漢字だらけじゃ漢文になりかねないぞ、なんて思ってました。

 

超ざっくり。Twitter界隈に考察してる方がいて「そんな見方があるのかー」なんて他人事のように読ませてもらったりしてます。なんであんなに考察できるんだろ?思い出したことがあったら加筆していこうかと思います。時間とお金と運があればもう1度観たかったのでいっそのこと再演してくださらないだろうか。いつでもお財布を開く準備はできてますよ!

 

 

それから、新曲”Can't Get Enough/ハナヒラケ”も発売日にしっかり入手しました。

控えめに言って最高です。初挑戦のVRの殺傷力に見事に打ち負かされました。”Can't Get Enough”のダンスはかっこいいし、距離感がすごく近く感じられて「これがVRか!」と大興奮!ビューアーを顔に押し当てて右に左に首を振る姿は家族からとても奇妙に見えたらしいですが、私は周りの光景も視線も全くわからないので気にしません!

ただ、もっと殺傷力をもった映像がまだ控えているのです。”足跡”のレコーディング映像を侮ってはいけませんでした。まさか間奏で坂本さんがこちらを覗きこんでくるなんて思わなかったよ!とっさに目をそらしました。ラブセンがよりリアルになって戻ってきた気分でした。最新技術ってすげー、新しいことに挑戦していくV6もすげー、こんな挑戦をさせてくださるavexのスタッフさんもすげー。満足できないってタイトルなのにこんなに満足感があっていいんですかね?カップリングの曲調も全然違うので大満足の1枚です!

 

さらに、5月3日に新曲が発売されるようで今からワクワクが止まりません。今年は随分と活動的でお財布から嬉しい悲鳴が聞こえてくるような気がします。欲を言えばコンサートがあるとなお嬉しい。とにかく楽しみのために働くのみです!