読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右手と左手に一つずつ

好きなことと日常生活についての雑記

紅白の感想

あけましておめでとうございます。

 

大晦日は紅白をずっと見てました。おかげでお尻が痛い。

井ノ原さんの司会の安定感が抜群で、隣で見ていた祖母が「今年は落ち着いて見られるね」なんて言っててすごく嬉しかった。井ノ原さんお疲れ様でした。

V6については出番があちこちにあったので、1年の終わりにたくさん見られてこれ以上の幸せはないなぁ。全体的に面白かったポイントが山のようにあって久々に楽しく見られた紅白だった。面白かったところをざっくりまとめ(時系列ばらばら)。

 

 

「今回もSexyなZoneを見つけちゃうぞ☆」

 安定の岡田さん、SexyなZoneは見つかったんだろうか?

 

アニメ紅白で着ぐるみに埋もれて見え隠れするV6

 ゲラゲラポーしてるのがすごく可愛くて萌え死ぬかと思った。

 

楽屋ロビーで芸人さんと絡むトニセン

 審査員をする坂長が可愛い、ああいうミニコント結構好き。

 

ディズニーコラボに可愛いが詰まってた

 ミニーちゃんをエスコート井ノ原さんは王子様にしか見えないし、プルートをゴシゴシと磨き上げるかのように撫でまわす岡田さんは可愛いし、一緒になってプルートを撫でてる長野さんも超絶可愛かった。

 こんな可愛さだらけのディズニーコラボでMVPを贈りたいのはチップとデールの間でニコニコしてる坂本さん。なんでしょうか、アレ。テレビの前で悶える以外どうしろと?勿論、自担への贔屓目は大いに入っているけど可愛すぎてドキドキしっぱなしだった。

 

V6メドレー

 かっこいい「MUSIC FOR THE PEOPLE」とかわいい6人が見られる「愛なんだ」の予想通りとも言える定番曲のメドレー。MFTPはイントロだけでテンションが上がるけど、それ以上にライブを彷彿とさせる照明だったことをNHKに感謝したい。すごくかっこよかった。しかし、あの仏壇か蒔絵のような衣装はなんだったんだろうか?That's日本っぽさでも出そうとしてたの?全然嫌いじゃないよ、面白かっただけ!

 愛なんだは、岡田さんが井ノ原さんを文字通りブンブン振り回しててちょっと心配になりつつも笑ってしまった。そろそろ力加減を覚える必要があるかもしれないw

 あと、忘れちゃならないのが裏トーク。今回もやってくれましたね!坂本さんがソロパートで手を振ってるので大体察していたけれど、副音声ありで見返したらお手振りの相手は設楽さん。日村さんもメンバーの名前を呼んでくれていてすごく嬉しかった。個人的にツボったのはお手振り後に立ち上がってキャイキャイしてたバナナマンμ’s、久保田アナ、まるでライブでファンサをもらったファンのような反応がとても好き。ディズニーコラボのときも含めて設楽さんの「坂本くん!」の連呼には思わずニヤニヤした。お手振りしたときの坂本さんの笑顔も素敵で、2年連続でこのやりとりを見られて幸せです。

 

EXILEメドレー

 Rising Sunがかっこよくて好き

 

SMAPメドレー

 Triangle懐かしい。一時期めっちゃ聴いてた。

 

紅白雑感

 始まるまえから目玉が少なめだと言われていた今年の紅白も見てみればそれなりに楽しかった。むしろ、目玉を作るために試行錯誤したのか詰め込みすぎだと感じるくらいだった。特にアニメ紅白は1曲1曲が短くて盛り上がりきれなかったように思う。どうせ出すならMay J.水樹奈々T.M.Revolutionのようにきちんと歌手本人が歌ってくれた方がその歌手のファンも見たいと思うし、話題にもなるんじゃないかな。

 昨年の出場歌手の中だったら、石川さゆりさんがルパンの新シリーズのエンディングを歌ってて普段演歌のイメージが強かったから驚いたけどアニメの世界観を崩すこともなくてすごく好きだったから紅白で歌ってくれたら、なんて思ったりしてたのにもったいない気がする。深夜帯のアニメとはいえ”ルパン三世自体”にも”石川さゆり”さんにもしっかりしたネームバリューはあるし、番組の制作陣が何か新しいものを取り入れようとしてたならアリだったんじゃ…。まぁ、ただのアニオタの主観で石川さんの主要なファン層を度外視して書き殴ってるわけだけど。

 それ以外だと後半でメドレーが多かったのも気になった。後半でメドレーを披露したのは紅白合わせて9組、更にディズニーメドレーや朝ドラの特別篇が加わるのだから詰め込みすぎだと感じたのも当然かもしれない。

 

 

 のんびり書いていたら2016年もあっという間に1週間が経とうとしている上に前半と後半の文章のテンションがめちゃくちゃw筆が遅いのは自覚しているけどどうにもならないし、どうするつもりもないので今年もマイペースに書いていきましょうかね。今更感あふれる記事が量産されること間違いなし。